サイトロゴよしだ眼科クリニック

診療内容MEDICAL INFORMATION

スタッフ紹介 当院採用レンズ

当院採用レンズ

当院では下記の多焦点眼内レンズを採用しています。

先進医療適応

レンズ外観 iSii アイシー ReSTOR レストア Tecnis Multifocal テクニスマルチ Symfony シンフォニー
名称 iSii
アイシー
ReSTOR
レストア
Tecnis Multifocal
テクニスマルチ
Symfony
シンフォニー
光学部
デザイン
2焦点屈折型 2焦点回折型 2焦点回折型 エシェレット
回折型
特徴 同心円状に中心から遠・近・遠と3つのゾーンからなる。コントラスト感度良好。瞳孔径が小さいと近方が見えにくい。 アポダイゼーションと呼ばれる構造で、瞳孔径が大きくなると遠くへの光配分が多い。 日本で多く使用されている多焦点レンズ。 近方は、30cm、40cm、50cmの3種類がある。瞳孔径が小さくても近方は見やすい。 エシェレット回折により、広い焦点深度を持つレンズ。テクニスマルチより高いコントラスト感度を維持し、ハロー・グレアを軽減。近くは見えにくい。
ピント 2焦点 : 遠・近
(∞・40cm)
2焦点 : 遠・近
(∞・30cm)
(∞・40cm)
(∞・50cm)
2焦点 : 遠・近
(∞・30cm)
(∞・40cm)
(∞・50cm)
広い焦点 :遠から中
(∞-50cm)
乱視矯正 × ×
ハロー・グレア やや少ない あり あり あり
コントラスト感度
生産国 日本
(HOYA)
アメリカ
(Alcon)
アメリカ
(AMO)
アメリカ
(AMO)

先進医療適応外

レンズ外観 Lentis レンティス Fine Vision ファインビジョン Mini Well ミニウェル
名称 Lentis
レンティス
Fine Vision
ファインビジョン
Mini Well
ミニウェル
光学部
デザイン
2焦点分節屈折型 3焦点回折型 累進焦点
特徴 上方が遠方・下方が近方で境目が1つしかないため光学的ロスが少なく、コントラスト感度は良好。乱視矯正用タイプは0.01D刻みで製造。瞳孔径に影響されにくい。 遠方・近方だけでなく、中間も見やすい。回折型多焦点眼内レンズのうちで光学的エネルギーのロスが一番少なく、コントラスト感度の低下も軽度。 累進焦点で広い焦点深度を持つレンズ。ハロー・グレアがほとんどなく、自然な見え方。近くは若干見えにくい。
ピント 2焦点 : 遠・近
(∞・40cm)
(∞・60cm)
(∞・70cm)
3焦点 : 遠・中・近
(∞・65・35cm)
広い焦点 : 遠から中
(∞-40cm)
乱視矯正 ×
ハロー・グレア やや少ない あり ほぼない
コントラスト感度
生産国 ドイツ
(Oculentis)
ベルギー
(Phys IOL)
イタリア
(SIFI Meditech)

ページトップへ戻る