よしだ眼科クリニック | 眼科 | 白内障 | 日帰り手術 | 大阪

 文字サイズ
 文字色
TEL:06-6572-0003

白内障|手術案内

白内障とは

白内障とはどんな病気?

透明な水晶体(カメラに例えるとレンズに相当するもの)が濁り、進行すると視力が低下する病気です。

白内障になる原因は?

さまざまな原因で起こりますが、最も多いのは加齢によるものであり、これを「加齢性白内障」と呼んでいます。個人差がありますが、誰でも年をとるにつれ、水晶体は濁ってきます。加齢性白内障は一種の老化現象ですから、高年齢の人ほど多く発症します。 最近では、アトピー性皮膚炎や糖尿病などの合併症として、若い人の発症が増えています。 その他、母親の体内で風疹に感染するなどが原因で生まれつき白内障になっているケースや、目のけがや薬剤の副作用から白内障を起こす場合もあります。

白内障の自覚症状は?

かすんでみえる
ぼやける
屋外で、光がまぶしくて見にくい
逆光がまぶしくて対象が見えない
夜間の車のヘッドライトがまぶしい
メガネを調整しても文字などが読みにくい
二重、三重にみえる
暗くなると見えにくくなる
目が疲れやすい
裸眼の視力や矯正視力が不安定
色の鮮やかさがない

白内障の治療方法は?

1.薬物療法
点眼(目薬)をする事により、白内障の進行を遅らせる事ができます。ただし、点眼によって白内障が良くなるということはなく、あくまで進行を遅らせる為のものです。

2.手術療法
白内障の進行により、かすみやぼーっとするといった症状の生活に不自由を感じるようになると手術適応時期となってきます。手術は水晶体を摘出し、水晶体の代わりとなる眼内レンズを入れるという方法をとります。眼底に問題がなければ、視力は大きく回復します。

白内障の手術とは?

白内障の手術は主に、濁った水晶体を超音波で砕いて取り出し(超音波水晶体乳化吸引術)、人工のレンズ(眼内レンズ)を入れるという方法で行われています。
白内障が進行して、核が固くなっている場合は、水晶体の核を丸ごと取り出すこともあります(水晶体嚢外摘出術)。

多焦点眼内レンズとは?

通常の単焦点眼内レンズと異なり、遠くにピントの合うレンズと中間や近くにピントの合うレンズを中心から外へ遠方視をサポートするレンズと近方視をサポートするレンズを交互に組み合わせたレンズになっています。

多焦点眼内レンズの詳しい説明はこちらから→